コメントの問題報告

対象の内容

#007そうですね。オープンデータというのは、一般に官→民のアウトバウンドの 仕組みですが、深層学習時代にあっては(民)→官→民というインバウンドのデータ収集プラットフォームの仕組みも必要だと思います。ある程度共通部分のAIは国が提供し、重複の無駄を排す。 国が危機感を抱いてるのも「言葉=文化」なので、日本人と同じように日本語を解する AIの育成が必須となります。同様の構図で「訛り=地方文化」なので、その地方の言葉を解する AIの育成が必要となります。これが出来れば、地方AI←→標準日本語AI←→外国語AIという 連携により、その土地の人が、普段のしゃべりかたそのままで訪日外国人と会話できるようになります。標準語を強制されずに済む。その土地の文化が守られるという事です。 この事実に早く地方の人が気づいてくれればと願うばかりです。その土地のAIを育てるには、 その土地の人が育てるしかありません。今回の投稿はその実現のための案です。最後になりましたが、当方の投稿にコメント頂きありがとうございました

報告/依頼内容