コメントの問題報告

対象の内容

#001深層学習に関しては、この分野の専門家のスタンフォード大のアンドリュー准教授曰く、 AIの賢さは訓練用データの質・量と訓練用マシンパワーで決まるそうです。 だからこそ、各社は、アルゴリズムは公開すれど、訓練用データは決して公開しません。 例え新しいアルゴリズムが出たとしても、データは必要なはずで、再訓練すればいいだけのはず。 マシンは最近理研に導入された深層学習用のを使えばいいでしょう。 国のブランドで推進してこそ、日本国民の底力が発揮され多量の良質な訓練用データが集まると思います。 そういう国民性の強みを生かさない手はないと思います。 国の支出で外国勢に対抗できる量のデータが集められるとは思えません。 また、常用漢字を国が指定しているように、どの範囲の常識を教え込んだAIを育成するかは、まさしく国の役割だと思います。 最終目標は地方文化を理解出来るAIの育成です。「標準日本人AI」の育成はその中間ステップです。 「標準○○県人AI」は、一から育成する必要はなく、「標準日本人AI」にヒモつけさえすればいい事になります。

報告/依頼内容