アイディアの問題報告

対象の内容

国家予算対象の「事業仕分け」の復活

事業仕分けは、シンクタンク構想日本によって地方自治体を対象として、その予算の無駄を明らかにするために現在も行われていますが、国家予算(中央政府)対象の事業仕分けは終了しています。 (以下ウィキペディアより引用) 行政刷新会議が行う事業仕分け(じぎょうしわけ)は、国家予算の見直しにおいて、国民への透明性を確保しながら、予算執行の現場の実態を踏まえて、そもそも事業が必要か否かを判断し、財源の捻出を図るとともに、政策、制度、組織等について今後の課題を摘出するものである。 (中略) 世論・各界の反応。 産経新聞社とFNNが実施した合同世論調査によれば、回答者の9割近くが事業仕分けを肯定的に評価している。2009年12月4日から6日にかけて行われた『読売新聞』の調査では、仕分けの実施については71%が肯定的に評価をした。(引用ここまで)  特定幼稚園への国有地の格安な払い下げ問題等を無くす為にも国家予算の透明化は重要です。事業仕分けで国家予算の全てを透明化できる訳ではありませんが、上記にあるように、事業仕分けは「国民への国家事業と予算の透明性を確保」するにおいて当時、画期的なシステムでした。欠点を改善の上、再導入すべきです。 また、現在は当時に較べ、ICT技術が格段に進歩していますので、国民反応や国民意見を取り入れる仕組みもより有効に導入出来ます。

報告/依頼内容