アイディアの問題報告

対象の内容

住所を同定するための手法が欲しい

現在さまざまなデータを結合して活用しようとすると、地理的意味的に同一であっても、住所の表現が異なるケースがでてきます。これを同一とみなすためのガイドラインあるいは手法の研究開発をしていただけるとありがたいです。 たとえば人間がヒューリスティックに仕訳をしているのと同様の精度をマシンラーニングによって達成する、といったアイディアはどうでしょうか?実装結果が広く使える形に解放されると助かります。 住所の同定は、正規化ではなく照会手順として実装されるのが望ましいと考えます。マスターはそれぞれの目的に沿って整備されているため、正規化は情報を損失する場合がある点、また、紹介時点での目的に応じて仕訳の精度を変える必要が出てくるであろう点から、そのように考えます。 ref: https://ideabox2017.openlabs.go.jp/ja/idea/00043/ ref: https://ideabox2017.openlabs.go.jp/ja/idea/00044/

報告/依頼内容